ピンク系統の色の財布にはどんな意味が込められているのか

ピンク系統の色の財布にはどんな意味が込められているのか

ピンク系統の色が大好きで、財布もピンクにこだわっている方もいれば、服装は普通なのに財布だけ頑なにピンクを持つ、なんていう方もいます。
あまりピンクのように派手な色を手にしない方からしたら、そういう人はちょっと賑やか過ぎるのではと抵抗を感じてしまうこともあるはずです。
たくさんある色の中で、どうしてピンク系統の財布を選ぶ人がいるのか、単なる好きという気持ち以外に、何か意味が込められているのでしょうか。

 

ストレートに可愛らしく女の子らしく

 

ピンク系統の色を好むのは、どちらかといえばやっぱり女性でしょう。といっても、幼い女の子が好きで使うピンクと、大人が使うピンクはちょっと違うイメージで、ときには大人の女性には違和感があると感じてしまうこともあるでしょう。
大人の女性がピンク系統の色の財布を使う理由は、まずストレートに考えれば可愛らしく見られたかったり、女の子らしくありたいという願望が込められているでしょう。
先に述べたように、ピンク色には幼い女の子のイメージがあります。そこには女の子に似合う、可愛らしいという気持ちがあって、大人の女性もそれと同じ気持ちを持っていれば、ピンク系統を好みます。
ファッションを若々しく、幼く見せるのにもピンクは有効です。またあえて差し色感覚でピンクを財布に取り入れていると、以外に可愛らしいと感じさせることもできます。

 

実は運気上昇に最適のピンク色

 

ピンク系統の持つ色の意味を理解して財布のカラーとして取り入れている方もいます。実はピンク色は風水的にも金運に良い色として人気なのです。
ピンクには穏やかや円満、平穏といった、安心できる効果があります。これは人の肌に近いことにも通じているようで、人間関係を円満に保つ効果もあるとされています。
金運においてもピンク系統の持つ力で生活環境を安定させ、お金の流れを良くすることでアップさせられるとされています。
また女性らしいピンク色は女性が持つことで女性ホルモンの分泌が促され、健康や美容に良いともいわれていることで、子どもだけでなく大人の女性にも嬉しくピッタリのカラーなのです。

 

派手にならないピンク色の使い方

 

大人の女性にも嬉しいピンクカラーといっても、やはり鮮やかで可愛らしすぎて、子どもっぽいイメージが強いピンクの財布を持つのは少々抵抗がある方もいることでしょう。
そんなときは、色の彩度や明度を抑えた控えめなピンク系統の色を選んでみましょう。鮮やかさを抑えればピンクの主張度が弱まるので無難に持ち歩きやすい色になります。
もしくは、財布全体ではなく部分的にピンク色が用いられている財布も使いやすいです。地の色が白や黒であればピンクの部分は小さくともしっかり映えるものの、派手すぎることもありません。ちなみに白や黒も、金運の良い財布にはお勧めのカラーです。

page top